忍者ブログ
副業でチラシのポスティングをしてる者のつぶやきブログ。同業者との情報交換ができたらと思っています。

2018

0721
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017

1208
ポスティングの出発時に渡される地図には、投函不可物件の記載があります。この投函不可物件は、実際、過去にクレームがあった物件。

電話で苦情を言われるだけならまだしも、ひどいクレームになると手土産を持参し、投函したチラシ1~3枚を回収に行くのだとか。中には金銭を要求するようなクレーマーもいるらしい。

日常業務に加え、イレギュラーで発生するのがクレーム問題。このクレーム処理により、ポスティング会社のスタッフは日常業務に支障をきたすことに。ただでさえ忙しい事務スタッフは、そのクレーム対応に追われ、より忙しくなり、その日に終えなければならない日常業務が就業時間内にできなくなって残業することに・・・。

そんなわけで、投函不可物件にポスティングをしてしまうと、100%に近い確率でクレームが発生します。しかもそのクレームはポスティング会社にではなく、チラシの発注元であるクライアント会社に行きます。チラシにはクライアント会社の連絡先しか書いてありませんし、クライアント会社がポスティングをするように指示をしているからです。中には「このチラシは○○が配布しています」と一文が入り、ポスティング会社の連絡先が書いてあるチラシもありますが、それはまれ。

そして、クライアント会社からポスティング会社にクレームがあったという連絡が入り、ポスティング会社がクレーム処理に向かうのです。


クレームがあると、クレーム処理でポスティング会社の事務スタッフに迷惑がかかることはもちろんですが、この誤投函を続けてしまうと、事務スタッフの対応にも明らかな変化が・・・。

そんな、間違って投函不可物件にポスティングしてしまったときに役立つのが、長い棒と両面テープ。自分は100円ショップで調達しました。金属や木製の硬い棒よりも、プラスチック製で弾力のある、多少曲がる棒がオススメ。

投函不可物件は、地図に記載された物件だけでなく、ポスティングの際によく見かける「チラシ不要」「チラシ入れるな」「郵便物以外、入れないでください」などの張り紙がある個別ポストもポスティング不可物件ポストです。

なので、間違ってチラシをポスティングしてしまった場合、速やかに回収しなければなりません。そのままにしておくと、クレームに発展する危険性が大だからです。

全てのポストに対応できるわけではありませんが、長い棒と両面テープがあるだけで、かなりのポストでチラシを回収することができます。

しかし、これらのお役立ち道具を駆使してもチラシが取れない場合は、インターホンを押して家人に頭を下げ、チラシを回収することになります。自分は過去に投函不可物件に2度、チラシ不要の貼り紙に1度、指定エリア外に2度入れてしまった経験が・・・。

指定エリア外の2件は「勝手に入れておいて返してくれって、どういうことだ」と嫌味を言われました。また、不可物件の1件は幸運にも家族の方だったので「うちの人が怒るから、次からは気をつけてね」で済んだのですが、残る1件は怒鳴られました。ひたすら頭を下げて謝って許してもらえましたが、金銭などを要求するクレーマーじゃなくて本当に助かりました。

そして、チラシ不要の貼り紙物件は家人がいなかったため運を天に任せ、クレームの電話がかかってこないことを祈りました。そのときは運良く、クレームの連絡はありませんでした。

そうは言っても、「入れたら回収しに来てもらう」「1万円請求する」「着払いで返送する」「絶対に入れるな!」など、かなり過激な文章の張り紙をしているポストは、かなりの確率でクレーム問題に発展するので注意が必要です。

ポスティングスタッフによっては長いお箸=菜ばしを携帯し、それでチラシをつまんで回収する人もいますが、自分は両面テープ派です。

拍手[0回]

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
フリーエリア
忍者アナライズ
ブログ内検索
広告
バーコード
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP