忍者ブログ
副業でチラシのポスティングをしてる者のつぶやきブログ。同業者との情報交換ができたらと思っています。

2017

1021
自分が登録しているポスティング会社には、全日と半日の2通りのスタイルがある。全日と半日の行動に違いはなく、異なるのは時間のみ。

全日は丸1日、朝から晩までポスティングをするスタイル。

半日は、自分の都合のいい数時間だけポスティングをするスタイル。

自分の経験上、1日の収入としては全日のほうが多いけど、時給で計算すると半日のほうが高くなる傾向が多く、割がいいのは半日と言える。

全日の場合は、朝、ポスティング会社に集合して、エリアの地図とチラシ、GPSを渡される。そこで初めて、その日に自分がチラシを投函する地域が判明。前もって担当エリアがわかれば、どういうふうに回るか、どこでお昼を食べるか、トイレはどこにあるかなど、その対策ができるんだけど、悲しいかな、当日にならないとわからない。



そして、バイクまたは電動アシスト自転車で自分の担当エリアに向かい、地図に投函禁止場所が記載されていれば、そこに気を付けながら1番地からポスティングを開始。なぜ1番地からかというと、エリアの最後まで行かなかった場合、後日、別の人がスムーズに後を引き継げるようにという配慮のため。したがって、確実に全エリアを回る自信があれば、1番地から順にではなく、自分なりの効率的な回り方をしてもOK。

ちなみに、バイクや自転車の貸出が有料の会社もありますが、自分が登録しているポスティング会社は、ありがたいことに無料です。

というわけで、適当に休憩を取りつつ、地図に自分の回った番地をマーキングしながら投函を進めます。その番地を回ったかどうか二重投函を防ぐためのチェックという意味もありますが、後日、ポスティング会社側がGPSのログと比較する際にも、そのマーキングした地図が使用されます。

渡されたチラシを全て投函し終わるか、決められた時間になると、投函終了。自分の登録するポスティング会社では、チラシが残っていてもエリアが残っていても19時で終了。夜間に投函するとクレームが来るため、投函は19時までと決まっています。

そして、投函した枚数や管理人に断わられるとか「クレームを入れます」「取りに来てもらいます」「罰金10万円を請求します」などの過激な張り紙で1枚も入れなかった集合住宅の報告を電話でして、その日のポスティングは終了。ポスティング会社に戻る人は、戻って残りのチラシを返却し、GPSのログをPCに送信。会社に戻らず、そのまま自宅に帰る人は、次の出社時にチラシを返却し、GPSのログをPCに送信することになります。

半日は、開始時間や終了時間が全日と違うだけで、内容的にはほとんど変わりません。

ポスティング中は自由と言っても、GPSで常に管理されているし、月に何回かはきちんと配布しているかをポスティング会社のスタッフによってチェックされるので、不正を働いたり、いい加減な投函をすると、後日、確認の連絡が来たり、注意されたりします。

拍手[0回]

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
フリーエリア
忍者アナライズ
ブログ内検索
広告
バーコード
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP