忍者ブログ
副業でチラシのポスティングをしてる者のつぶやきブログ。同業者との情報交換ができたらと思っています。

2017

1015
自分のオススメのすべり止めゴム付き手袋は、ユニワールドの「WONDER GRIP(ワンダーグリップ)」
か、
ショーワグローブの「ライトグリップ」

そしてワークマンの匠の手シリーズより「TAKUMI 天然ゴム薄手背抜き手袋」。

いろいろなすべり止めゴム付き手袋を使用した結果、今のところのお気に入りが、この3つ。まだ未使用の商品もたくさんあるけど、これ以上のものは無いような気がする。

自分の使用した感想でのベストは、ワンダーグリップのフィット感にライトグリップのゴムなんだけど、どこかでこれを組み合わせたものを作ってくれないだろうか? 自分には今のところ、それが最強のすべり止め付きゴム手袋。

ちなみに、ワークマンの匠は、コスパが最高! 自分の手にはフィット感が足りないんだけど、値段がなんと税込99円という格安すべり止め付き手袋。ワンダーグリップはホームセンターで約300円、ライトグリップは約250円するのに、さすがワークマンのPB商品。10組セットなら1組あたり98円になるというスグレモノです。お近くにワークマンがある方は、ぜひ!



100円ショップにもすべり止め付き手袋はあり、もちろんそれも試してみたけど、100円ショップのは自分の手には馴染みませんでした。というより、チラシのポスティングには向かないような気が。あるものはツルツルしていてチラシを取りづらく、またあるものはチラシを取るのには適しているものの、グリップ力が強すぎるようで、チラシが離れない。ポストから手を抜いたときに、チラシまで出てきてしまう。荷物を運んだりするのには素晴らしいグリップ力だけど、チラシの投函にはグリップ力が強すぎでした。

ちなみに、3種類いずれのゴム手袋も「背抜き」といって手の甲側にゴムのコーティングを施していないから通気性はいいものの、やはり手に汗をかく夏に使用すると匂いがすごいです。ファブリーズやリセッシュといった除菌消臭剤を吹き付けてケアをしないと、1日で自分の汗による異臭が。

夏はゴム手袋ではなく指サックが最強のポスティング道具なんでしょうが、自分には指サックが合わなくて。1時間もポスティングをすると指先が痛くて痛くて、とてもじゃないけど付けていられません。手袋が異臭を放つ夏は、指サックでポスティングをするのが平気な人が、心底うらやましいです。

拍手[0回]

PR

2017

1002
ポスティングの際にチラシを入れて持ち運ぶのにバッグを使いますが、自分のオススメはなんと言っても斜め掛けのショルダーバッグ。

体のことを考えると両肩に均等に荷重がかかるリュックサックやデイバッグのほうが良いのですが、大量のチラシを投函するポスティングならば、肩に掛ける斜め掛けのショルダーバッグのほうが圧倒的に時間を短縮できるし使い勝手が良いので、こちらを押します。

ポストに投函する際、片方の手に多くのチラシを持ち、もう片方の手でチラシを取りつつポストに投函します。自分は右利きなので左手に多くのチラシ、ほとんどの場合3種類のチラシを持ち、右手でそれらを1枚ずつ取って3枚セットにし、ポストに投函。

できるならば右手だけでポスティングをしたいんですが、フタがあるポストの場合は左手でフタを開けながら、右手をポスト内に入れて投函しなければなりません。

左手に持つチラシは、1種類約50枚ずつの計150枚ほど。1日に1500~2000戸へ配るので、単純計算でも30回以上はバッグから取り出すことになります。なぜ1回に付き1種類50枚ずつの150枚かというと、自分の手にはこの枚数が持ちやすいからです。これ以上の枚数だと重かったり、幅が厚くて持ちづらかったりして1枚ずつ取るのに時間がかかり、投函スピードが遅くなるんです。




というわけで、1日に30回以上もバッグからチラシを取り出す際にリュックサックやデイバッグだと、いったん肩からはずし、ファスナーを開けてチラシを取り出さなければならず、非常に手間ひまかかります。

これがショルダーバッグだと、ファスナーを開けたまま体の前方に掛けておくことができるので、いちいち肩からはずすことなく、すぐにチラシが取り出せます。

さらに、バイクや自転車に積んであるチラシをバッグに入れる際も、ショルダーバッグのほうが口が大きいので、短い時間で出し入れが可能です。

こういった理由でショルダーバッグをオススメするのですが、「1日に1500枚も配らない。せいぜい500枚だ」というのであれば、両肩に掛けるリュックサックやデイバッグでも問題ないと思われます。

ちなみに、自分が使っているのは、このバッグ。


たまたまPCバッグとして使用していたものを、そのままポスティングに流用。もっと使い勝手の良いバッグがあるのでしょうが、そんなに不便を感じないし壊れないので、そのまま使い続けています。

最初、デイバッグを使ったのですが、チラシの取り出しが面倒だったのと、初日の研修の際にショルダーバッグが良いと担当の方に言われたので、2日目からはショルダーバッグに。

しかし、マチが7センチと薄かったのでチラシが思ったほど入らず、その上、口が狭かったので取り出しにくかったこともあり、試しにマチが大きかったこのバッグを使用してみたら、あら不思議。前面の2つのポケットがハガキサイズのチラシや水道修理の磁石チラシを入れるのに意外なほど使い勝手が良いじゃありませんか! ポケットが多いと、ほんと重宝します。

拍手[0回]

2017

1001
ポスティングをする際、さまざまな道具やグッズにお世話になります。しかし、その道具やグッズには使い勝手の良い悪いがあり、ものによっては配る枚数に大きな差が出ることがあります。

なので、道具やグッズは安易に選ばず、ポスティング会社の社員やポスティング経験の長い人にアドバイスを求めることをオススメします。



枚数に大きな差が出る道具は「すべり止め付きの手袋」と「バッグ」。中でも特に重要なのが、すべり止め付きの手袋です。

ゴムのすべり止めが付いたゴム付き手袋ひとつ選ぶだけで、1日ポスティングをした場合、チラシ100~200枚の差が出ると思います。

次に、あると役に立つのが、「ペン」、「カッターまたはハサミ」、「スマホの地図アプリ」、「歩きやすい靴」、「通気性の良い服」。

また、使用頻度は低いけど、自分が必ず持ち歩いているのが、「長い棒状のものと両面テープ」、「レインコート」、「雑巾」、「付箋(ふせん)」。

そして最後に、あると便利なのが、ファブリーズなどの「除菌消臭スプレー」、「日焼け止め」、「熱中症対策飴」。

拍手[0回]

フリーエリア
忍者アナライズ
ブログ内検索
広告
バーコード
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP