忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/29 03:41 】 |
ハウス シャンメン しょうゆ味
「放送禁止」といって、いろいろな媒体でまず最初に取り上げられるのが、このテレビCM。ハウス食品工業(現・ハウス食品)の即席ラーメン「ハウス シャンメン しょうゆ味」。



「私、作る人」「僕、食べる人」。このセリフがきっかけとなり、オンエア開始から約1カ月後の1975年9月30日、「国際婦人年をきっかけとして行動を起こす女たちの会」のメンバーがハウス東京本社を訪れ、「男は仕事、女は家事・育児という従来の性別役割分業をより定着させるもの」としてCMの中止を要請。なんでも会員の娘が「テレビのCMのせいで男の子が給食当番をやらなくなった」らしい。その結果、「消費者の声を無視できない」として放送の中止が決定された。

出演は、作る人が結城アンナと子役の女の子。そして、食べる人が佐藤祐介の3人。

結城アンナ:スウェーデンと日本のハーフで、10代のころからモデルとして活躍。のちに俳優・岩城滉一と結婚。ハウス食品「ジャワカレー」の夫婦共演TVCMが有名。

佐藤佑介:1972年、CMディレクタ-の杉山登志に見出され、同年、資生堂のTVCMでデビュー。美少年として注目され、サンミュージックに所属した1974年からは俳優としても活躍。1985~1996年にかけてオンエアされた「大岡越前 第9部~第14部」の立花喬之助役が有名。

拍手[0回]

PR
【2017/02/21 14:05 】 | CM | 有り難いご意見(0)
| ホーム |
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














| ホーム |